50男の挑戦

50男がダイエットや英会話に挑戦します。

英語学習・オンライン英会話

オンライン英会話を試してみた(QQEnglishオンライン)

2018年10月3日

この記事の所要時間: 745

本当に久しぶりにオンライン英会話を受けてみたのでその感想を書いていこうと。
そしてやはり今の実力では難しいことがわかった。

やはりオンライン英会話は、ある程度のヒアリングやスピーキングが出来ないと厳しいと思う。なぜならば、それが出来ないと意思疎通ができないから。

相手が何を言っているのかわからないし、自分が言いたいことも英語では伝えられない。

10年以上前に1度スカイプ英会話を試したことがある。
その時も同じように自分の英語力不足に落ち込んで、その後は続けることができなかった。

オンライン英会話を受けるために必要なもの

オンライン英会話やスカイプを利用して学習するにはWEBカメラとヘッドセットがあればよい。
私は両方ともamazonで購入した。どちらも評価の高い定番という品。使用したところどちらとも不便なことはない。

購入したのは以下の2つ

WEBカメラ

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270
1,549円

モニターの上に乗せるだけで簡単。特に設定もすることはなかった。

ヘッドセット

ヘッドセットとはヘッドホンにマイクがついているもの。
Logicool ロジクール H340
2,980円

どちらもUSBケーブルをパソコンに挿すだけで認識してくれた。
相手の声も問題なく聞き取れる。

合わせて4,529円

ちなみにWEBカメラは必須ではない。ただ対面での”会話”であるためあった方が良いと思う。
特に英語は発音が大切なので、相手側に口元は見えた方が良い。唇や舌の動かし方を指導してもらえるから。

この2つさえあればすぐにでもオンライン英会話がスタートできる。

QQEnglishオンラインを受けてみた

私が受けたのは「オンライン英会話・スカイプ英会話 QQEnglishオンライン」というところ。
口コミを見てこの会社に決めた。評判が良かったから。

QQEnglishオンラインはスカイプ英会話だけではない。ホームページにアクセスするだけで(専用の通信ソフトあり)お互いの画面が表示される。もちろんスカイプでも可能だ。

テキストについては標準で用意されている。自分で別途購入する必要はない。

まずは無料体験を受けてみることにした。2回無料体験を受けることができる。
1回目は開始前に事務局方から説明があり、その後英会話がスタート(25分)。最後に事務局から再度案内有り。

最初の1回目はレベルチェック用とのこと。これを受ければ今の自分のレベルがわかる。
実際受けた講師は20代の女性。

実際に受けてみてどうだったのか。ある程度は予想は出来ていた。

最初は挨拶から、最近の出来事などについて簡単なやりとり。
次にテキストについてのいくつかの質問などあり。(テキストというか絵を見ながら)

会話はすべて英語で行う。日本語は話さない。

相手はフィリピン人講師。少しなまり?はあるようだが、なんとなくヒアリングはわかった。
でもそれに対して英語での返答ができない。

文章として返答ができない。YESとかNOとかそんな短い単語しか返せない状況。
趣味は何ですか?という質問にも困るくらい。

「YouTubeを見ること」と返したいのに、"YouTube" "Watching"などの単語のみ。
「My hobby is to watch youtube.」というふうに文章として返せない。(Google翻訳使用 笑)

相手が簡単な日本語が話せるなら会話のキャッチボールが出来たのだろうが、日本語が話せない。英語オンリーである。

10年前と同じだった。ある程度聞き取れるのだが、自分の英語力が低すぎるために英語での返答ができない。
片言の単語のみ。「会話」が続かないのだ

これではやはり厳しい。ある程度会話ができるのなら、とても良いレッスンだとは思う。
でも中学英語のレベルすらマスターできていない自分にとってはやはり厳しい。

こうなることはある程度予測はしていた。前回もそうだったから。

もちろん、片言だけのスピーキングではあったが、相手が理解してくれてこのように言うんだよと指摘してくれた。でも悲しいかな、今はもうその指摘も記憶にない。

QQEnglishオンラインを受けてみての感想

今回受けてみて、私のレベルは2というのがわかった。
レベル2がどれくらいのレベルかはわからないが、当然1(ほとんど話せない?)の次のレベルということだろう。今後はレベル2の講義が受けれるらしい。

QQEnglishオンラインを受けてる中で気になる点が1点あった。

それはオンライン英会話の途中で回線が途切れたこと。理由はわからないが再接続するのに5分くらいかかった。回線が悪いのか、ブラウザが悪いのかはわからない。その時に他のWEBページは問題なく見ることができたので私側の回線は問題なかったと思う。通信ソフトの不具合?結局原因はわからず。

QQEnglishオンラインに限らずだが、インターネットを通じての英会話レッスンは本当に素晴らしいとものだと思う。

1回の講義で500円くらいしかかからないのだから。1日1レッスンの「毎日プラン」にすれば、1回200円だ。
1日2レッスンなら168円。1日4レッスンなら137円。
自宅に居ながら1回(25分)200円で英語の講義が受けられるというのは本当にすごいことだと思う。

フィリピン講師はだめなのか?

フィリピン講師は「訛りが」とか「レベルが低い」とかいう話も聞く。習うならネイティブだと。
もちろん講師によって雲泥の差はある。あくまでも平均での話。

でもどうだろう。海外で活躍しているスポーツ選手のインタビューなどを聞いてみると、英語を母国語としていない人の英語しゃべりは「なまりがひどい」。
でも本人は堂々と話しているし、会話も問題なく成立している。完璧に話せないと成り立たないものでもない。

この世の中、フィリピンを初めネイティブの人がどれだけいるのだろうか。
そうでない人の方が圧倒的に多いと思う。もちろん正しい発音を最初に覚えた方が良いとは思うが。

多少訛りがあったとしても、そこまで気にする必要はないというのが私の意見だ。
これだけ安い金額で受けれるのであれば対費用効果としては十分ではないだろうか。

もっとお金に余裕があれば駅前留学してもよいし、直接ネイティブに学べば良い。

今回の無料体験は2回目は受けなかったが、毎日プランとしては十分選択肢としてありだと思う。

オンライン(スカイプ)英会話の今後について

今後、英語をマスターするためには、やはり恥をかいてもレッスンを続けていくしかないと思う。
英語を聞いて、そして話さなければ上達しない。

話せないのは本当にもどかしい。頭ではこう伝えたいと思っている。でも伝えられない。自分自身に本当に腹が立つし幻滅する。でもそこを乗り越えていかなければ上達するには難しい。

安く手間がかからない勉強方法としては、やはりオンライン英会話とテキスト学習を並行して進めていく方法だろう。オンライン英会話はヒアリングとスピーキング。テキスト学習はリーディングとライティングだ。

どちらがかけても駄目だと思う。

ある程度できるようになったら、外に出かけて英語に触れよう。

今は英語が話せなくても、話が通じなくても、今が最低レベルだからしょうがない
これからは成長していくだけだと信じよう。歳だから学べないことはないと思う。

少しずつでも毎日学ぶことで1か月後、3か月後、半年後、1年後と確実に実力がついているはずだ。

1万時間の法則というものがある。「人が何かに取り組んでマスターするために必要な時間」それが1万時間だ。
これはマルコム・グラッドウェル氏が広めている理論。1万時間練習すればどんな分野でもプロになれるというもの。

でも実際に1万時間頑張ればプロになれるというものではない。それくらいの時間をかけて努力しなければプロにはなれないということだ。

1万時間といったらどれくらいだろうか。1日2時間でも14年かかる。1日8時間では3年半だ。これは休みなしでの時間だ。
これだけの時間を集中して学習しなければプロにはなれない。

でも、英語のプロになるわけではないし、私にはそこまでのスキルは必要ない。
それに毎日何時間もやり続けることなんて無理だ。

まずは1000時間を目指すことが大切だと思う。1日1時間では1ヶ月で30時間。1年では360時間。およそ3年かかる。

今後の目標としては1日1回オンライン英会話にプラスして30分~60分の学習時間。これを週5で行う。
毎日こつこつと地道に続けることが成功への近道だと思う。

でもこつこつが一番むずかしい。前の記事にも書いたが「習慣化」することが一番大切なこと。

次回は他のオンライン(スカイプ)英会話に挑戦してみよう。その前にある程度テキストで勉強しなければ。

-英語学習・オンライン英会話

Copyright© 50男の挑戦 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.