気になるニュース

コロナ渦での言葉遊びがおもしろい「帰省編」「飲み会編」

2021年8月6日

ツイッターや掲示板を見ているとたまに面白い文章にであう。

政府はオリンピックを開催するのに国民には自粛を呼びかける。
これをダブルスタンダード捉え、それを揶揄する言葉群。

これがとても秀悦だ。

政府だけでなく、コロナ関連やオリンピック選手からの言葉も揶揄している。

「帰省」編と「飲み会」編がある。これを紹介しよう。

頼むから、お盆の帰省は止めてください。

政府:「頼むから、お盆の帰省は止めて下さい」

それに関しての国民の言葉がコチラ。

国民1「中止の考えはない。強い警戒感を持って帰省に臨む」
国民2「バブル方式で帰省する。感染拡大の恐れはないと認識している」
国民3「帰省を中止することは一番簡単なこと、楽なことだ。帰省に挑戦するのが国民の役割だ」
国民4「安心安全な帰省に向けて全力で取り組む」
国民5「コロナに打ち勝った証として帰省する」
国民6「(帰省は)今更やめられないという結論になった」
国民7「「帰省するな」ではなく、「どうやったら帰省できるか」を皆さんで考えて、どうにかできるようにしてほしいと思います」
国民8「もしこの状況で帰省がなくなってしまったら、大げさに言ったら死ぬかもしれない。それくらい喪失感が大きい。それだけ命かけて帰省する為に僕だけじゃなく帰省を目指す国民はやってきている」
国民9「家族に感動を与えたい。帰省はコロナ禍収束の希望の光」
国民10「我々は帰省の力を信じて今までやってきた。別の地平から見てきた言葉をそのまま言ってもなかなか通じづらいのではないか」
国民11「(帰省中止要請は)自主的な研究の成果の発表ということだと思う。そういう形で受け止めさせていただく」
国民12「言葉が過ぎる。帰省中止を決める立場にない」
国民13「帰省が感染拡大につながったエビデンスはない。中止の選択肢はない」
国民14「(帰省について)政府は反発するだろうが、時間が経てば忘れるだろう」
国民15「帰省することで、緊急事態宣言下でも帰省できるということを世界に示したい」
国民16「帰省について限定的、統一的な定義は困難」
国民17「実家を訪問するという認識。帰省するという認識ではない」
国民18「帰省に反対するのは反日的な人たち」
国民19「帰省しないのはより悲しいこと。COVID-19に負けたということは世界に知らしめたくない」
国民20「菅首相が中止を求めても、帰省は実現される」
国民21「実際帰省したら、帰省に反対していた政府もやっぱり帰省して良かったと言い出すに違いない。」
国民22「予見できないアルマゲドンでもない限り帰省できる」
国民23「菅義偉首相や東京都の小池百合子知事を含め、オールジャパンで対応すれば何とか帰省できると思う」
国民24「安全、安心な帰省を実現することにより、希望と勇気を政府の皆さまに届けられると考えている」
国民25「(帰省の意義について)コロナ禍で分断された家族の間に絆を取り戻す大きな意義がある」   

頼むから飲み会は止めてください。

次は飲み会バージョン。これもとても面白い。

政府:「頼むから飲み会は止めてください」

それに関しての国民の言葉がコチラ。

国民1「中止の考えはない。強い警戒感を持って飲み会に臨む」
国民2「バブル方式で飲み会する。感染拡大の恐れはないと認識している」
国民3「飲み会を中止することは一番簡単なこと、楽なことだ。飲み会に挑戦するのが国民の役割だ」
国民4「安心安全な飲み会に向けて全力で取り組む」
国民5「コロナに打ち勝った証として飲み会する」
国民6「(飲み会は)今更やめられないという結論になった」
国民7「「飲み会するな」ではなく、「どうやったら飲み会できるか」を皆さんで考えて、どうにかできるようにしてほしいと思います」
国民8「もしこの状況で飲み会がなくなってしまったら、大げさに言ったら死ぬかもしれない。それくらい喪失感が大きい。それだけ命かけて飲み会する為に僕だけじゃなく飲み会を目指す国民はやってきている」
国民9「友人に感動を与えたい。飲み会はコロナ禍収束の希望の光」

他にもこういうのがあった

自粛・コロナQ&A編

Q.なぜ自粛要請を聞かないのですか?
A.自粛していないと誤解を招いたのなら申し訳ない

Q.外出してコロナに罹ったらどうするのですか?
A.仮定の質問には答えられない

Q.あなたたちの行動で他人にコロナをうつすかもしれないのですが
A.そのようなことが起こらないように万全の体制を整えている

Q.なぜ帰省するのですか?
A.コロナに打ち勝った証として帰省する
そのために安心安全な帰省を目指して努力していく

言葉を変えるだけでこれだけ面白くなる。本当にどれも秀悦だ。
だが本当に喜んで良いのか。

元々の言葉に違和感や矛盾があるから面白くなるのだ。

-気になるニュース