履歴書 職務経歴書

志望動機の書き方

更新日:

この記事の所要時間: 34

志望動機欄は、「なぜその会社に応募したいのか」を書く欄になります。
ただ単に給与が高いから、家から近いから、休みが多いから等を書くところではありません(本音だとしても)。

志望動機を書く上で大切なポイントが3点あります。

 

志望動機を書く上で重要なポイント3点

以下の3つの内容を盛り込みながら書く必要があります。

1.なぜその会社を選んだのか
2.自分がその会社に今貢献出来るところは何か
3.意欲(将来その会社で何がしたいのか)

志望動機については、採否を決めるための非常に重要な項目です。
それだけにどのように書けばよいか難しい項目となるでしょう。

「この会社に入るために今まで頑張ってきた」という人は、志望動機を書くのは難しくないかもしれません。そこまで思い入れのかる会社であれば、当然多くのことを知り尽くしているはずです。

難しいのが、複数社応募する際の、その中の1つである場合です。
どこの会社でも通じるような違和感がない志望動機であれば、当然採用される可能性は低くなります。

1.2.3番のどのような内容を書くにしても、まずは応募先の企業のことを詳しく調べる必要があります。
求人票の内容はもちろんのこと、ホームページ、会社情報、売上、店舗、製品、商品、新聞・雑誌の記事、社会貢献、株式状況等、調べられるものはできるだけ調べることです。また、店舗がある場合は実際に足を運んで確かめてみる。これは最低限必要なことです。実際に面接の際に、店舗に行かれたことがあるかと聞かれるポイントでもあります。

会社のことを調べてみたが、何も情報がない場合もあります。其の場合は仕方ありません。志望動機には具体的なことは書けませんが、面接の時にその無かった情報として質問材料にもなります。

志望動機の書き方

2.「今何が貢献できるか」ですが、
その前にやっておくべくことがあります。それが自分自身の棚卸しです。
自分のことを知らないと、そもそも何が貢献できるのか、何がやりたいのかわかりません。
今までどのような経験を積んできたのか、どのようなスキルを身に付けたのか、どのような資格を持っているのか、他者に較べて何が得意なのか等、自分に対して棚卸しをする必要があります。職務経歴書を確認しながらでも構いません。

実はこの自分の棚卸しが一番大変で大切な作業です。

自分の中では当たり前と思っていることが実は当たり前ではない、自己PRに繋がることにもなります。ここがまとめられれば志望動機だけでなく、強みとして面接でも活かせるようになります。

「御社で必要としているスキルを私はもっています。是非採用してください。」

上記のように、会社の情報を調べて求められている仕事内容に自分が貢献できるというところまでは書いていきます。ですが、まだそれだけでは不十分です。

3.の意欲についてです。
会社に入り、次のステージで自分は何がやりたいのか、今後の会社への貢献です。
・今後は、今関数の勉強をしているので、事務作業の効率化を行いたい
・将来的には○○○を発展させて、○○○の開発で貢献したい
・今後は、既存のシステムを更に発展させた○○○を追加していきたい

上記のように、会社の今後の発展のためにどれだけ寄与できるかを明記していきます。

志望動機を書く場合、この1.2.3.の項目を意識しながら組み立てて行きましょう。そうすれば、同じような汎用性がある志望動機にはならないはずです。

会社に応募する際には最も大切な「志望動機」。
時間をかけて考えていきましょう。

-履歴書, 職務経歴書

Copyright© 知って得する「就活情報サイト」 JOB-FUN , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.